2008年10月19日

容疑者Xの献身

徹底的に流行を押さえてみる(笑)NEW

東野圭吾さん原作にして直木賞受賞作品
NEW容疑者Xの献身電車

TVTV版との違いは、
完全に原作のもつ少し重いシリアス重視の世界観になったと思います

なかなか評論家っぽい言い回しだなわーい(嬉しい顔)

原作はかなり最初のあたりで、
犯人と事件内容がはっきりわかった上で物語が進んでいくのですが、
映画は、それが後半部分になっていて、
最後まで、どんな状況からこうなったのかなexclamation&question
って考えることができる構成が
小説本を2時間で収める上で大成功してると思いますグッド(上向き矢印)
ありがちな要所だけが再現されて原作を読んだ人からするとがっかりって感じがしないですよわーい(嬉しい顔)

そして
歌がホントいいでするんるん

歌詞が内容とリンクしてて、じっくり聞いちゃいますムード

作詞作曲をしてながら、歌うのは柴咲コウさんわーい(嬉しい顔)
福山雅治さんってはやり天才ですねぴかぴか(新しい)

男前で、俳優で歌手でプロデュースができてって
これでも生物学上は同じ分類に入る自分に疑問を感じるバッド(下向き矢印)

「実におもしろいドコモポイント

言っちゃったグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

堤真一さんが天才数学者を演じるのに
まったく違和感がなかったのは、
松嶋奈々子さんとのあのTVドラマ“やまとなでしこ”で
同じく数学者を演じていたからだと勝手な解釈をしています
役作りの為に髪の毛を薄くしたってスゴイなぁがく〜(落胆した顔)

まだ見られてない方は是非オススメですNEW

アリバイトリックだと思ったら実は。。。。人影

ここ最近映画館に頻繁に出没しますが
映画ってもうちょっと安かったらなぁって思いませんかexclamation&question












posted by sumicchi at 17:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。